50代おひとりさま、ついに生命保険に加入する

50代のお金事情

先日、ついに生命保険に加入しました!
「50代のおひとりさまであるわたしに、果たして生命保険が必要なのだろうか……?」と、かなり長い間躊躇していたのですが、ついに契約を締結。

そこで、今回は50代おひとりさまのわたしがとうとう生命保険に加入した理由や、契約した生命保険の概要、選ぶときに重視したポイントなどについて書いていきたいと思います。

50代では既に生命保険に入っている方が多いとは思うけれど……、中には同じようにシングルで未加入の方もいるのでは?と思い、とりあえず書いていきます^^。

30代、40代、先輩世代の60代~のおひとりさまの方にも、何かヒントにしていただけることがあれば幸いです!

スポンサーリンク


50代のおひとりさまに生命保険は必要?それが契約を迷っていた理由

わたしが生命保険加入を迷っていたのには、いくつか理由がありました。

「月々の掛け金を払っていけるかな?」、という金銭面のことも、もちろん気にはなります。

でも、それより大きかったのは、「50代女性でシングル、おひとりさまなのに、果たして生命保険が本当に必要なのだろうか……?」という疑問です。

スポンサーリンク



医療保険には既に加入しているし、その必要性も理解できる。
(ちなみに、医療保険のひとつには、極少額の死亡保険金が付いています。でもホントに少額なので葬儀費用ですらカバーできない予感大。。。)

でも、50代のおひとりさまで扶養家族がいない、父母も既におらず、家族は別居している社会人の弟しかいない。
そんな環境にいるわたしには、自分が亡き後にお金を遺す必要性がイマイチ感じられなかったのです。

あともうひとつ。
ここは自分のブログだから本心を書きます(笑)。

すみれ
すみれ

50代でシングルだけど、この先もずっとおひとりさまを貫くと決めている独身主義者ではないのです。
だから、「生命保険までかけてしまうと、この先もずっとシングルでいく!」と自分に宣誓してしまうようで怖かった、という気持ちも実はちょっとありました^^:)

スポンサーリンク


そんなわたしが、今回生命保険に入ることを決めたのは、残される家族やお世話になった方にできる限りのお返し・御礼をしたいという想い、そして何よりいつかその日が来るまでの人生を充実させたかったからです。

自分がいなくなってからのことを考えすぎるのは良くないけれど、考えないのも問題。
普段の生活の中では意識して気にしないようにしていても、大きな決断をする際に、いつも頭をよぎっていたのが次のようなことです。

「もし、このままわたしがいなくなったら、残された弟は相当困るだろうな。お世話になった方にお返しができないままなのも心残り。死んでからもずっと後悔するのでは?おちおち休んでいられなさそう。これじゃ、あの世で全然R.I.P(Rest in Peace:安らかに眠るの意)状態にはなれなさそう。」
……と。

意識しないようにしていても、心の奥底ではわかっていることだったから人生を楽しめないのだろうな、と。

スポンサーリンク



それなら、多少月々の支払いは増えても、50代のおひとりさまであっても、生命保険に入ることで自分が亡きあとへの不安を減らせるのでは、と思ったのですよね。

……ざっと考えても、最低限の葬儀費用で300,000円はかかるでしょう。(小さなお葬式のHPによると、式なしの火葬でも200,000円はかかるようだし。。。)

病院への支払いは医療保険でカバーできるだろうけど、弟やお世話になった方への御礼、住まいを引き払う費用、そのほか目に見えない費用も間違いなくかかると考えておいたほうがいいだろうし^^:)
スポンサーリンク


わたしが契約した生命保険の概要はこんな感じ【50代おひとりさま】

さて、わたしが実際に加入した生命保険の概要はというと、こんな感じです。
スポンサーリンク




»女性の医療費、いくらかかるかご存じですか? 保険なら【保険見直し本舗】

 

  • 死亡保険金    200万円

 

  • 契約期間        10年

 

  • 月々の掛け金  約1,500円

 

  • 解約返戻金      なし

 

 

生命保険加入にあたり、あちこちから資料を集め、最終的に決めたのは太陽生命のスマ保険。

保険名が表す通り、スマホで申し込み、契約はすべてWebで完結しました。

誕生日が来ると掛け金が上がってしまうから、スピーディーに契約できて助かりました^^!

スポンサーリンク


わたしは持病があるし、ガンも経験しているから、医療保険ほどではないにしても、やはり加入できる生命保険には若干の制限があります。

本来、希望していたのは終身タイプの生命保険。
でも、50代のわたしが終身の生命保険に加入するとなると掛け金が倍以上になるため、10年更新タイプで手を打ちました(笑)。

入った生命保険は、認知症ケア保障や医療保険もプラスできるタイプ。
でも、そうすると掛け金が高くなるし、キリがないので付けませんでした。
スポンサーリンク


【50代おひとりさま】生命保険を選ぶ際に、わたしが重視したポイント

スポンサーリンク


「50代で生命保険に入る女性、しかもおひとりさまって、そこまでニーズがないだろうから、保険はあまり選べないかも……。」と、今回自分で調べてみるまでは思っていました。

でも、意外にあるんですよね。

おひとりさまに限定した生命保険というのは見かけなかったけれど、50代女性でも入れる保険はどこの会社でもまず扱っています。

その中からわたしがスマ保険の生命保険を選んだ際に重視したのは、次のようなポイントです。
スポンサーリンク


 

  1. 月々ムリなく掛け続けていける金額であること
    生命保険を選ぶにあたり、一番重視したポイントは、やはり月々の掛け金。
    毎月ムリなく支払える金額……わたしの場合は最大2,000円までであることは譲れない条件でした。
  2. 生命保険会社の実績・経営状況、支払実績
    保険会社の最近の実績、経営状況を一般社団法人 生命保険協会のサイトや決算情報、実際に契約している方の意見が掲載されている情報を探すなどして、かなり調べました。
  3. 希望する保険金額の商品がある
    50代おひとりさまのわたしには、500万円もの死亡保険金は必要がありません。(そもそも掛け金が高くなりますしね……💦)
    死亡保険金額が200~300万円で、掛け金がお手頃な生命保険を販売している会社を探しました。
  4. 生命保険の内容を自分で選べる
    自分のニーズに合わせて、必要な保障だけを組み合わせられるタイプの生命保険。これも重視したポイントです。
  5. 保険外交員さんを経由せずに加入できる
    保険外交員さんが扱っているのは、(わたしが知る限りでは)高額な保険が多いし、勧誘が苦手なので、保険会社とダイレクトに契約できるかどうかも重視しました。

 

生命保険料が新たにプラスされて月々の固定支払額はほんの少しだけど上がることになります。

でも、それで将来への不安を少しでも減らせるなら安いものだよね、と今のわたしは思っているのです^^。

すみれ
すみれ

PS:その分、スマホのキャリアを格安系のIIJmioに変更!
これで通信コストが少し安くなるから、固定出費はとりあえずプラスマイナスゼロでいけそうです☺

スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました