友達がいない50代女性は意外に多い?どう対処すればいいの?

ハイタッチし合う女性2人50代の人付き合い

「50代に入ってから、友達付き合いがめっきり減った」「数十年来仲良くしてきた友達と合わなくってしまった」そんな悩みを持っている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そして、その中にはきっと「50代で友達がいないのは、わたしだけなんじゃないだろうか?」そんな風に感じている方もいらっしゃるでしょう。

わたし自身に照らし合わせて考えてみても、やはり50代に入ってからは友達との付き合い方が大きく変わりました。

また、それと同時に、友達と呼べる人が少なくなってきたようにも感じています。

すみれ
すみれ

わたしの場合、「友達が少なくなってしまったな」と感じるようになってからしばらくの間は、常に言いようのない寂しさを抱えていました。。。

スポンサーリンク



でも、気持ちに余裕ができた今あらためて考えてみると、「50代で友達がいない」というのは決して不自然なことではなく、さびしさを感じる必要なんてまったくない、そう感じているのです……!

こちらでは、わたしが「友達が減ってしまったこと」を前向きに考えられるようになった理由やメンタル面での心構え、対処方法についてご紹介していきます。

▼習いごとは新しい友達作りのチャンス!▼



スポンサーリンク


友達がいない50代って自分だけ?以前に比べて減ってしまったのはなぜだろう?

ビーチで一人たたずむ女性の後ろ姿

今なお人気が高いアメリカのテレビドラマ・SATCに登場する4人の女性たちのように、多くの女性は若い頃の友達との関係はずっと続くもの、そう考えているのではないでしょうか。

SATCに登場する4人は、仕事で成功していたり、あたたかい家庭を築いていて、「自分のスタイル」をしっかり持っています。

そして、自分の生活をエンジョイしつつも、今も若い頃も変わらず昔の友人関係を大切にしている、それがSATCの一番の魅力ですよね。

 

でも、それをわたしたちのリアルに置き換えてみると、大きなズレが感じられてしまう…。

そうすると、どうしても「周りを見てもみんな友達がいて楽しそう。50代で友達がいないのってわたしだけなんじゃないの?」と感じてしまいがちです。
スポンサーリンク



でも、ここで一度立ち止まって次のようなことを考えてみてほしいのです。

  • 独身の友達と子供がいる自分では、立場も経済状況も違う
  • 仲の良かったママ友とは、子供が成長するにつれて付き合いが薄くなっていくのが自然
  • 50代になると、家族の介護問題を抱えていたりすることも多い

 

つまり、自分と相手では立場が違うのが当たり前だということ。

まして、家族のことで日々忙しく動き回ったりしている方の場合は、友達のことを考える余裕すらないという場合も多いでしょう。

たとえば、わたしは、既に両親が他界し、結婚歴はあるものの子供はおらず、今は一人で暮らしています。

そんな環境だからこそ、できることなら50代からは友達の付き合いを深いものにしていきたかった。

でも、それを相手に望んではいけないな…とも思うのです。

なぜかといえば、わたしの周りの友達の場合、今は自分のことよりも家族の介護、子供の将来のことで頭がいっぱいという人がほとんど。

そうした状況なので、今はお互いの共通点を見つけるのがむずかしいと考えているからです。

もちろん頑張って歩み寄ろうとしたこともあったけど、どちらにも負荷が高いのか、せっかく会ってもどよ~んとした雰囲気に…。

そんな経緯から「あ、これはしばらく距離をとったほうがいいんだな」という結論に達したんですよね。

相手からは、わたしは「独り身で好きなように生きている」ように見えるようで、たまにグサっとする言葉を言われたり、わたしも意図せず言った言葉で相手を傷つけてしまったり……。

これは双方にとってよくないなぁ…と思ったのです。

スポンサーリンク


わたしの場合もそうですが、50代で友達が減ってしまうのは、どちらかが悪いなんてことはなく「お互いの立場が変わったから歩み寄れなくなる」というのがきっと一番の原因ではないでしょうか?

これは「子供が成長してママ友がいなくなった」「昔の友達との経済格差が大きすぎて付き合えなくなった……」という場合にもいえることのように思います。

スポンサーリンク



50代で友達がいないのは、決して不自然なことではない

上で書いたように、環境や立場が違えば、友達との関係が変わるのはしごく当たり前のことなんですよね。

わたしも、「50代で友達がいないって、わたし自身に何か問題があるんだろうか…?」なんてずいぶん悩んだこともありましたが……笑。

でも、今はまったくそう思ってはいません。

それは、「友達は今、置かれた立場ですべきことに精を出している」、そして、わたしにも同じことがいえると思っているからなんですよ。

そう考えられるようになったことで、いい意味で割り切って考えられるようになりました。

ケンカをしたわけでもないのだから、いつかまたお互いに時間ができたとき、縁があればまた昔のように仲良くできるのでは…?

そんな風に思っているのです。

友達がいなくなったのは、人柄が変わったからではなく、置かれている立場や環境が変わったから、そう理解すると、そこまで気に留めることなくいられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


友達がいないと、孤独な老後になるのではという不安

50代で友達がいないというのは少しも不思議なことではないのですが、「友達がいないと、この先、孤独な老後を過ごすことになるのでは……?」と不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

たしかに、その可能性は完全否定はできませんよね……。

でも、それと同時に頭に浮かぶのは「孤独な老後を過ごさずにすむように……という理由だけで、望まない友人関係を継続させる必要ってあるの?」という疑問です。

 

けれども、そんな関係はきっと長くは続かないだろうし、相手も自分も相当無理しなければ続けていくことはできないでしょう。

打算的な考えって、結構相手には伝わってしまうもの。

また、そうした場合、相手も同じように感じている可能性大です。

スポンサーリンク



そう考えてみると、無理をして、孤独を避けるために無理して友達付き合いを続けることにあまり意味はないし、一緒にいても心から楽しめないのではないかと思うのです。

いくつになっても、友達って一緒にいて楽しい、元気になれる存在であってほしいものですよね。
だとしたら、そこを無理してまで付き合う必要はないのではないでしょうか……?

「日にち薬」という言葉があるように、友達関係も、本当に縁のある人とは、お互いに余裕のある状況になったとき、また友達付き合いができるはず。

そう頭を切り替えて、一人の時間を充実させていくことも大切なことのように感じています。
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました