江原啓之さんの著書を読み、はじめての産土神社参拝へ【札幌諏訪神社】

札幌諏訪神社の社殿と石段 ちょっとスピリチュアル

今年の夏は、先日ご紹介した石田ゆり子さんの著書「Lilyー日々のカケラー」をはじめ、本当にたくさんの本を読んで過ごしました。

 

読んだ本のジャンルはさまざまなのですが、中でも一番多かったのが、実は江原啓之さんの著書の数々です。

江原博之さんの著書は、江原さんが有名になられてすぐ、たしか林真理子さんとの対談で多く取り上げられていた頃に何冊か読んだ記憶があります。

……とはいえ、当時はまだ30代前半だったこともあって、読んでいたのはもっぱら恋愛・結婚に関して書かれている本ばかり(笑)。
スポンサーリンク


でも、それから20年近くの年月が経った今、関心を持っているのは、人生や終活に関することと大きく様変わりしました。

今のわたしが、江原さんの著書の中でも特に”たましい”について深く書かれた本に心を惹かれるようになったのは、そんな心境の変化が関係しているのかもしれません。

江原啓之さんがたましいについて書かれた本は、とても奥が深く、今まで知らなかったこともたくさん書かれていました。

その結果、50歳を過ぎて生まれて初めてわたし自身の産土神社の存在を知り、参拝を済ませた今は、とても清々しく落ち着いた気持ちで日々を過ごせています。
スポンサーリンク



歴史の浅い札幌で生まれ育ったわたしが産土神社を知ったキッカケは江原啓之さんの著書!

江原啓之さん著書4冊

あの世や霊が本当に存在するものなのかに関しては、人それぞれ意見があるだろうとは思いますが、個人的には、あの世というものは存在すると信じています。

ただ、そうした存在は得てして「恐ろしいもの」、はたまた逆に「特別な人にしか見えないもの、存在しないもの」としてとらえられがち。

でも、江原さんは霊やあの世の存在をおどろおどろしく説くのではなく、「誰もに存在する当たり前のもの、たましいのふるさと的な存在である」ことを優しく諭すように説明してくれるから、読んでいて安心するんですよね。

写真の4冊は、どれも江原啓之さんの著書では、かなりシリアスな内容が書かれている本だと思われます。

スポンサーリンク


4冊のうち右の2冊は、もうかなり昔に書かれた本ではあるけれど、江原さんの指導霊の言葉がそのまま綴られている本。

厳しい内容ながらも「たましいの真理」が書かれていて、わたしの心の中に巣くっていた人生への疑問・モヤモヤをクリアにしてくれた本。

読み終えた瞬間、「つらいことが多い人生だけど、それでも最後まで自分らしく懸命に生きていこう、それがわたしの生きる道なんだ」と素直に思え、とても前向きな気持ちになれたのです。

古い言葉で書かれている本だからこそ、心に訴えかけてくる何かがあるような、まるで、たましいの先生から講義を受けているような(?)神妙さが胸に響く……。たとえるならそんな内容の本です。

 

左の2冊、「守護霊」「前世 人生を変える」には、前世や守護霊とグループソウルとの関係が詳細に書かれています。

ちなみに、「守護霊」の巻末袋とじ付録(笑)に霊系診断チャートが載っているのですが、それによるとわたしは弁天霊系(でも龍神霊系の要素も強め)らしいです。

自己判断では天狗霊系なんじゃないかなとずっと思っていたので、ちょっと意外でした。

古本を購入する場合、付録の有無もチェックしたほうがいいかもしれません!(たまに付録部分が切り抜かれていることがあるので)

 

前にもチラッと書いたかもしれませんが……、わたしは前世が誰であるかということにはあまり関心がありません。

なぜかといえば、今この世を生きているのは「わたし」であって、自分で人生を切り開いてこそ意味があると思っているからです。

たとえば…前世がマリー・アントワネットだったとしても、インドの蛇使い(?)だったとしても、はたまた伊賀に住む忍びの者だったとしても…、わたしが今生きていて、これからも生き抜かなくてはいけないのは今世。

だからこそ、「わたしが生かされている今このとき」を大切にして生きていきたいのです。

ただ……、江原さんの著書には「前世が誰であったかを知ってもあまり意味はない。けれど、どんな人生を送り、どんなテーマを抱えて今世に生まれてきたかを知ることは、とても有意義なことである」と書かれていることから、自分自身の洞察を深めるようにはなったかも。
スポンサーリンク



歴史の浅い札幌に生を受けたから?今まで産土(うぶすな)神・神社の存在を知らなかった……!

札幌、そして北海道は、日本のほかのエリアと比べるとかなりバックグランドが異なる歴史の浅いエリアです。

住んでいるほとんどの人の祖先は、東北や北越など日本各地からの移民であり、私の祖先も青森・岩手・宮城・石川・新潟あたりからの移民だと聞いています。

そんな環境で生まれ育ったこともあり、実は、わたしが産土神、産土神社という存在を知ったのは、恥ずかしながら江原さんの著書を読んだことがキッカケなんですよね(汗)

参考:産土神(神社)とは?

スピリチュアルなことを信じているわりには、肝心なことを知らなかったわたしです。。

スポンサーリンク


産土神社の調べ方と札幌諏訪神社

札幌諏訪神社の鳥居

札幌で生まれ育ったわたしが、自分自身の産土神社を知ったのは実はここ1ヵ月ほど前のことです。

産土神社の調べ方

 

自分の生まれた住所がわかる方は、電話で問い合わせると教えてもらえますよ。(注:地域によっては不可かもしれませんが、北海道神社庁では教えてくださいました!)

わたしの場合、両親はもういないし、生まれた場所の詳しい住所ははっきりわからない(引越しが非常に多い人生です。。)しで、「戸籍謄本を申請するしかないかな…」と思っていたのですが、タイミングよく母子手帳に書かれているのを発見!
スポンサーリンク



札幌諏訪神社

わたしの産土神社は、札幌駅からも歩ける距離にある札幌諏訪神社。

建御名方之命(たけみなかたのみこと)、そしてその妻である八坂刀賣之命(やさかとめのみこと)を御祭神としている神社です。

産土神社がここだと知ったとき、すごくビックリしたんですよね…。というのも、以前結構近くに住んでいたことがあったから。

札幌諏訪神社のすぐ近くにある天使病院に通っていた時期もあって、近くを通りかかることも多かったのです。

(にもかかわらず、当時はほぼ素通りしていました。でも、鳥居付近を通りかかるたびに、雰囲気のいい神社だなあ……と感じていたのは、今考えるとわたし自身の産土神社だったから、なのかもしれません。)

今回、はじめての産土神社参拝をしたわけですが、実はその頃は将来や健康への不安で心がつぶされそうになっていました。

産土神社を参拝したのは、今さらながらだけど「産土の神様にご挨拶に行かなくちゃ」という想いからだったのですが、実際に参拝で手を合わせてお祈りした後は、荒ぶっていた心が和らぐとともに「謙虚な気持ちで努力を重ねていけばきっと大丈夫!」と思えて……。

産土の神様のパワーを早速実感することができたのです!

 

参拝では、住所・氏名をきちんと名乗りご挨拶をして作法を守るのがルール。

参考:参拝方法(神社本庁)

……にもかかわらず、緊張し過ぎたせいか、肝心な祝詞を言い忘れてしまい、祈り終わってから付け足すという参拝になってしまって反省中の私です(恥)。

 

人間は、産土神と守護霊様とが相談した結果、その地に生まれてくると言われています。

だからこそ、産土神社と今世を生きるわたしたちとは深い縁があり、これからもそのご縁は大切にしていきたいなと思うのです。

スポンサーリンク


神妙な気持ちでの参拝は、心を穏やかに、清らかにしてくれました

札幌諏訪神社の花手水

タイトルとURLをコピーしました