おとり物件?ちょっとむかつくショックな出来事

パソコン画面を開いて、ガーンとショックを受ける女性 50代の暮らし

ここ最近、いいなと思う物件を見つけたらせっせと問い合わせをして、その後はなるべく早めに内見して…と精力的に部屋探しをしていました。

でも、今のわたしの気持ちはというと、かなりどんより。そして正直なところ、ちょっとむかついていたりもします。

それはなぜかとというと、懸命に取り組んでいた部屋探しが振り出しに戻ってしまったからなのです…。

ここまでの話は下の記事に書いているので、もしよろしければぜひ読んでみてくださいませ。

★予算内!札幌の高級住宅街にある賃貸物件発見【しかし疑問を感じ始めているわたし】

★引越したい!でもいい物件がなかなか見つからない…悩みは続くよどこまでもの巻

 

…ということで、今回はその結果がどうだったかについて書いていこうと思います。
(タイトルで、大体想像が付くと思うのですが…、もう撃沈ですわ。涙)

 

えっ?それっておとり物件ってこと…?回答内容に思わずちょっとむかつく

「高級住宅街にあるのに、想定家賃内。何より、夢のおうちの条件をほぼ満たしている」という、まさにわたしにとっての理想に近かった件(くだん)の”ドリーム物件”。

この件が一体どうなったかというとですね、当初、予想もしていなかった理由で振出しに戻ってしまったのです。

前の記事に、好条件・好立地なのに空室が続いている理由をいくつかリストアップしていましたが、そちらはほぼ該当せず。

不動産屋さんから管理会社へ詳細を聞いてもらって返ってきた答えは、次のようなものでした。

  • マンションの屋内駐車場をセットで借りるのが前提
  • 賃貸契約は5年程度まで
  • ペットは厳禁

「……?????」(⇐回答を読んだときの、わたしの心の声を表現するとこんな感じです…。)

特に最初の2つの条件を見てまず思ったのが、これって、「おとり物件」の一種じゃないの?ということ。
むかつくはショックを受けるわで、その後はかなり意気消沈してしまったのです…。

 

賃貸物件の入居条件には、オーナーさんの考え方が大きく反映される

不動産屋さんからの、(わたしにとっては)想定もしていなかった回答内容。

一番下の「ペット厳禁」っていうのは、特に珍しくはないけど、小鳥やウサギなんかの小動物はOKっていうところも、(札幌の場合は)結構多いんですよね。

今回の物件は、ギリギリOKなのは金魚や熱帯魚くらい(つまり水槽で静かに飼えるペット)までだそうで。

…でも水槽にエアポンプ入れてたら、無音とは言えないと思うんですけどね…。
振動だってあるだろうし。

そういえば、以前内見した物件の中には、ネコはOK・犬はNG、あるいはその逆とかもあったっけ。

結局、こうした条件に関してはオーナーさんの好みや考え方が大きく反映されるから、仕方ないことなんでしょうね。

ただ、ほかの仕組み(というより、わたし的には「からくり」と呼びたい!)に関しては、正直なところ「だまされた」的な気持ちになってしまいました…。

1つめの条件、セット契約が必須となっていた屋内駐車場(マンション地下)の月額料金は、札幌市内の相場より高めの20,000円…!
(消費税別途と書かれていた気がするから、実際には、たぶん22,000円になるんだと思う)

つまり、毎月家賃プラス22,000円が別途固定でかかる物件だったのです。

もともとの地価が高いエリア、しかも屋内なのでそのくらいかかるのは当たり前なのかもしれないけれど、「駐車場を借りないと物件が借りられない」のであれば、その点を明記してほしかった…。

もしくは、最初から駐車場料金を上乗せして募集するとか、ね。

当然ながら、この時点でわたしの夢は見事に砕け散りました。(涙)

すみれ
すみれ

高級住宅街の中にある物件で、駅からはちょっと距離がある。
つまり、車移動をする人が多いエリア。

内見で、地下と敷地内に大きめの駐車場があるのがわかった時点で、想定しておくべきだったのか…。

いや、でも普通そこまで頭回さないよね?

 

室内設備が分譲マンション並みに充実していた理由

2つ目の、賃貸契約に縛りがあったのも、「えっ!?」って感じ。

駐車場の件で住めないのはわかっていたから、ショックはそこまでなくて「そんな募集もあるんだ」程度の感想ではありましたが…。

定期賃貸契約で2年っていうのはたまに見かけるけど、5年以内っていうのは初めて聞いたような。

5年という数字は、ハッキリしてはいないらしいのですが、どうやらオーナーさんの親族が戻ってきたときのためにキープしている、そんなスタンスでの募集だったそう。

つまり、長く居ついてもらっては困るけど、空きにしておくのはもったいない、ということだったんでしょうね。

今になって考えてみると、4口ビルトインコンロ、一坪バス、エアコン、壁ボードの柄の高級感など、内装が分譲マンションなみに充実していたのには、そういう背景があったからなんだなと納得がいきます。

 

おとり物件とは言い切れないかもしれないけど…、この条件を見てむかつく人は多いと思う

今回の物件はかなり気に入っていただけに、結構ショックでしたが、どちらにせよ、わたしとは縁のないお部屋だったってことなんでしょうね、きっと。

でも、もしそうなら、そうした条件をクリアにしたうえで募集してほしい、と思うのは、わたしのワガママなのでしょうか。

きっと、わたし以外にもガックリした人が今までもいたはずだし、これからもきっと出てくると思うから、そうした条件があるなら最初からハッキリさせておいてほしい。

今回の物件は、実際に内見していることを考えると、いわゆるおとり物件とはちょっと性質が違うとは思います。

でも、この条件で住める人って相当限られてくるはずだから、イメージ的にはおとり物件とほぼ同じなんじゃないかなとも思う。

…ということで、今回は残念ながら、わたしの引越しの夢はこんな形で砕け散ってしまいましたが…、これからもあきらめずに終の棲家探しは続けていきますよ~。

タイトルとURLをコピーしました