モデルナ接種してきました!1回目副反応や受ける前にしておきたいこと

コロナワクチン接種券とお薬手帳 50代の美容・健康

つい先日、モデルナワクチンの1回目を接種してきました!

とはいっても決してスンナリ受けようと思えたわけではありません。

それは、わたしには複数の基礎疾患があるからなんですよね……。

しかも薬剤でアレルギーを起こした経験もあるので、受ける決心をするまでは、かなり悩んだというのが本音。

でも、かかりつけの病院の先生に相談したところ「肺に症状が出やすい疾患があるのだから、重症化のリスクが高い。受けたほうがいい!」とアドバイスされ、思い切って受けてきた次第です(笑)。

……ということで、こちらではモデルナのワクチン1回目を接種したわたしの感想や、きっと誰もが気になる副反応、そして、接種前にしておいたほうがいいことについて書いていきます!

 

 

区民センターでモデルナワクチン接種!1回目副反応は?

わたしがモデルナのワクチンを接種したのは、となりの区の区民センター。

参考:さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVI

本当は住んでいる区で受けたかったのですが、申込時には既に空きがなかったため、まだ空きのあったとなりの区で受けました。

※札幌市の場合、7月末に申し込んだ時点では、どの区で受けるかの指定はありませんでした。

 

ワクチン接種券が届いたのは、7月上旬です。

基礎疾患がある場合、申請すると早く発送してもらえます。(札幌市の場合)

 

ファイザーを希望していたけど、色々あってモデルナに。

当初希望していたのはファイザーのワクチン。

しかし、接種券が手元に届き、さて予約を…というタイミングで、ファイザーの新規申し込みが中止に…!(なんということでしょう…涙)

 

その後しばらく、ファイザーの申し込みが再開されるのを待っていたけれど、まったく見通しが立たず。

そんな経緯があって、モデルナのワクチンを受けることにしたのです。

 

メーカーにこだわりすぎているうちに、打つワクチンが枯渇してしまったら元も子もないですよね(汗)

「打てるだけありがたい」、そう気持ちを切り替えてモデルナワクチン接種に臨みました。

 

ワクチン接種の流れはこんな感じ

当日は、指定された時間までに会場へ。

会場は厳重にゾーン分けされ、密の心配も全くなく、冷房がガンガン効いていて、安心・快適な空間となっていました^^。

最初に受付をして、保健師さん(?)による予診、その後は移動して少し待ち、お医者さんによる問診を受けます。

すみれ
すみれ

持病のある方は、お薬手帳を持って行ったほうが便利かも!わたしは、お薬手帳と難病手帳を持って行ったので説明が楽でした。

予診が終わった後はいよいよワクチン接種!

若い看護師さんが接種してくれたのですが、ホントあっという間に終わりました。

気になる痛みはというと、針を刺す時点でチクリとした後は何も感じず。

終わったのがわからないくらい痛くなかったです!(あくまでわたしの場合ですが…)

 

ワクチン接種後は場所を移動し、15分あるいは30分、その場で待機。

待機時間は、アレルギーのあるなしなどお医者さんの判断によって変わります。

わたしはアレルギー既往があるため、待機時間は30分。

でも、気が付いたら30分経っていたという感じで、長くは感じませんでした。

本を読みながら待機している人も結構多かったです!

 

その後、次回の接種日・時間の案内を受けて接種完了!

何事もなく、無事ワクチン1回目を終えることができました。

 

 

副反応に備えてやっておいたほうがいいこと

モデルナワクチンでの副反応はあったのかというと…、わたしの場合はありました。

しかも、調べてみると結構強めに出たほうなのかもしれません。

 

接種してから今日で当日を含めて3日目、55時間くらい経過したところですが、わたしの場合、副反応は接種から3時間くらい経ってから出てきました。

 

副反応と思われる症状・わたしの場合(時系列)

副反応と思われる症状を時系列でまとめるとこんな感じです。

【接種後2時間】  帰宅後まもなくして、大きなくしゃみが何回か出る

【接種後3時間】  接種した場所(左肩)が痛くなってくる。

【接種後6時間】  痛みが強くなり、腕が上がらなくなる。

【接種後12時間】  さらに痛みが強くなる

【就寝中】      左肩が痛すぎて寝返りが打てず、睡眠不足のまま朝を迎える

【2日目の朝】   左肩の痛みに加えて倦怠感が現れる。左腕がほぼ上がらなくなる

【2日目の日中】  猛烈な眠気、そして発熱(といっても37.5度以下)

【2日目の夜】   平熱に戻るも、左肩の痛みと腕が上がらない状態は続く。眠気はなくなり、なぜかいつもより食欲旺盛になる(!?)

【3日目の朝】   左肩が痛い以外は、ほぼいつもの体調に戻る

【3日目の夜】   ほぼ接種前の状況に戻り、元気回復!

 

…体調が悪いはずなのに、なぜか元気があり、食欲はいつも以上にあって、とても不思議な気がしました。

あくまでワクチンによって起きた副反応症状であり、体本来の不調ではないからなのかな?

【2021年8月14日追記】

ワクチン1回目接種から約2週間経ちましたが、モデルナアームにはならずに済んだようでホッとしています^^。

 

 

ワクチン接種前にしておきたいのはこんなこと

副反応に備えて、接種する前に色々とやっておいたつもりでしたが、実際にその状況になると困ったこともありました。

(実はわたし、モデルナの1回目副反応がこんなに強く出るとは思ってなかったのです…:)

その状況を踏まえながら、ワクチン接種前にしておきたいことをリストアップしてみます。

 

掃除・洗濯は終わらせておく

掃除機をかけるくらいならなんとかなるかもしれませんが、副反応で腕が上がらなくなると拭き掃除・はたきかけが難しくなるかもしれません。
(わたしはまさにそうなってしまいました…)

また、洗濯物をパンパンと叩いて広げてという作業がものすごく大変になるので、シーツなどの大物は前もって洗っておくことを強くおすすめします!

 

解熱剤、体温計、冷えピタ、スポーツドリンクなどを準備

いつもと同じように動けなくなることを想定して、次のようなものを準備しておくとベター。

 

解熱剤、体温計、冷えピタ(アイスノンや氷枕)、ポカリスエットなどのスポーツドリンク、

簡単に食べられるもの(わたしは、ヨーグルトとバナナ、豆乳を準備しておきました)

 

 

買い物は、前日あるいは当日の帰り道に済ませておく

買い物は接種前日まで、あるいは接種当日の帰り道に済ませておくのがおすすめ。

わたしは接種の帰りにバナナとヨーグルトを購入して、副反応に備えました。

 

 

お風呂・シャワーはいつもより早めに済ませておく

これ、わたしにとっては盲点でした…。

肩が痛くなり腕が上がらなくなるので、髪を洗ったり背中を洗ったりするのが、ものすごく大変だったのです。(ドライヤーをかけるのが至難の業でした)

なので、接種当日はできるだけ早めに入浴・シャワーを済ませておくことを強くおすすめします!

 

接種翌日、できれば翌々日も予定を入れないほうがいいかも

1回目の副反応って、人によってかなり差があると思うのですが、できれば翌日は予定を入れないほうがいいんじゃないかな、と思います。
(わたしみたいなパターンも考えられるし…)

さらに欲を言えば、翌々日もキツい予定は入れないほうがいいんじゃないかな、というのがわたしの本心です。

 

モデルナの1回目副反応は結構強かったけど…今は接種できて安心している気持ちのほうが強いです!

…今こうしてブログを書きながら振り返ってみると、わたしはきっとモデルナの1回目副反応が強く出たパターンなんだろうなと思います。

ほとんどの人は2回目の副反応は強めに出たものの、「1回目副反応は接種場所がちょっと痛いだけで終わった」というパターンが多いよう。

そう考えると、1回目副反応が強めに出たわたしとしては、2回目の副反応がどう出るのか、今から怖さも感じています(汗)。

でも、2回目も受けるつもり。

それはやっぱり、ワクチンの副反応に対する怖さより、ワクチンを受けないで重症化するほうがずっと怖いからなんですよね。

ちょっと勇気を出せば避けられる病気なら、できる限りの努力はしておきたい、そう思うのです^^。

…まだ1回目接種が終わったばかりではあるけれど、ホッと安心しているわたしなのでした。

タイトルとURLをコピーしました