おひとりさまである私の『終の棲家』について想いを巡らす

青空に映える3本の白樺の木 50代の暮らし

同年代や、もう少し大人世代で

素敵な一人暮らしをされている方のブログを読んでいると、

ほとんどの方が”終の棲家”について触れられていることに、最近気づいた私です(遅い・・、遅すぎる(;^ω^)…)

 

お恥ずかしい話ですが、30代で難病を患い、40代で延べ1年近くの入院生活を余儀なくされるガンを患った私は、「日々ただ生きていくだけ、とりあえず生き延びていくだけ」で精一杯。とても将来のことを考えられるような心の余裕はありませんでした…。

そんな状況だったせいか心はやさぐれ放題だったようで(?)、「このままじゃ、何歳まで生きられるかわからない。将来のことより、今を大切にしよう」としか思えなかったのです。

 

でも、意外や意外(?)、奇跡が奇跡を生んだのか、

それとも、”憎まれっ子世にはばかる”(;´∀`)という意味なのか、

50歳を過ぎた今も、あちこち体の不都合は抱えながらも、それなりに元気に過ごせています。

 

2017年から今年初めあたりまでは、

病気で背負った負債の返済のためにガムシャラに働いていましたが、

今はその必要もなくなって

ほんの少しだけ気持ちに余裕ができ…、

「もしかしたら私にもあるかもしれない60代、70代の生活について考えてみよう」と思うようになったのです。

 

何はなくとも、”住む家”がないと前へ進めない!

今住んでいるのは築30年ほどの賃貸アパート。

木造の築30年なので、アパートの外観は決して立派とは言えない(笑)

家の中も、建具の傷みが年々目立つようになってきているけれど、

白を基調に木材をふんだんに使い、大きな出窓があるこの部屋の雰囲気がとても気に入っていて、なんだかんだいいながら住み続けています。

駅から徒歩3分で大型スーパーも数軒あるので、生活するには最適な場所だと思っているのですが…、問題は築年数が経っているだけに”終の棲家”にはできそうにないということ。。(私が60歳になったときには、築40年近くになっているし、エレベーターなしの2階だから荷物が多いと階段がツラい。実は、先日ゴミ出しをするために階段を下りているときに、足首をくじいたんです…トシを自覚…😢)

 

旦那さんも子供もいないから、自分の面倒は生きている限り自分で見なくちゃいけないわけで、

そのためには、このアパートにはこの先そう長くは住んでいられない。

ずっと長生きしたとしたら、ホームに入所なんてこともありえるけど、

生きている限りはできるだけ自立して生活していたいのです。

 

そのためにまず一番に考えるべきは、やはり”これからの生活を送る家、終の棲家”のことだな、と遅まきながら気づいた私です。

お気に入りの家具や思い出の品々に囲まれて暮らす生活を実現するためにも、安心して暮らせる家を見つけねば…( `ー´)ノ

 

私が”終の棲家”に望むのはどんなことなんだろう?

現実問題として今の状況下での引越しは難しいけれど「願いは実際に口に出したほうが実現しやすい」って言うし、とりあえず私が”終の棲家”に望むことをリストアップするとこんな感じ。

■部屋の広さ…理想は2LDK。でも家賃的に難しいだろうから実際のところは1LDK以上(35㎡以上あるなら、場合によっては1K、ワンルームでもOK。でも、母のお仏壇を置くスペースは確保したい)

■築年数…木造なら15年未満(これから20年以上生きたとしても、ギリギリ持ちこたえてくれそう…)、鉄筋コンクリートなら20年未満くらい

■給湯設備…都市ガスorオール電化or灯油ボイラー(気兼ねなくお湯を使いたい…)

■階数…エレベーターがある場合は2~8階くらい。(高所恐怖症だから、あまり高いと怖い(;´∀`)。エレベーターがない場合は…治安面が気になるけど1階だなあ…。)

■造り…木造でも鉄筋コンクリートでも鉄骨でもOK。ただ木造で壁が薄いのはちょっと…。。(今のアパートは壁が薄く、下の階の人のくしゃみが聞こえるときがある…)

■駅からの距離…今は自宅で仕事をしているし、そんなに外出するほうでもないのでこだわりなし。ただ生活するのに便利な立地であることは譲れない。。大型スーパーが徒歩10分以内にあるのが理想。

■家賃…今より多少高くなるのは覚悟してるけど、15,000円以上アップするのは避けたい。敷金や礼金が高くついても、月々の家賃が安くなるならそちらを優先して探す。

■主採光面…北東・北西はNG(年々家にいることが多くなるだろうから、気分がどよ~んとなるような暗い部屋は避けたい)。それ以外だったら特にこだわりなし。

etc、エトセトラ。。。

 

…ハァ…、こうやって書き出してみると、私が”終の棲家”に望むことって結構多いことがわかりますね。。

実際のところ、自己所有の家じゃない限り、自分の理想とする部屋を見つけるのは簡単ではないとは思います。

でも、やっぱり”終の棲家”となる家は慎重に探したい…。

譲れない部分と現実の折り合いを上手くつけて、理想の部屋が見つけられたらいいなあ。。。!

 

今日もひとりごとにお付き合いいただき、ありがとうございました☺

 

 

タイトルとURLをコピーしました