エイジングヘアに似合う髪型って?女優さんを例に考えてみた!

ふわふわとしたミディアムボブの髪型が素敵な女性 50代の美容・健康

アラフィフになると、髪質って変わってきますよね。

今までいわゆる剛毛で悩んでいた人でさえ、年齢と共に髪のハリやコシ、ツヤが失われていき、エイジングヘアを意識するようになるはず。

もちろん、それはわたしも同じ。

髪質は以前に増してホニャホニャになってきてるし、クセは強くなるし、抜け毛は多くなるし…で色々対策を打ってます。

そんな悩みを抱えているせいか、雑誌やテレビなどで同年代の女優さんを見るたびに、髪型をチェックせずにはいられない(笑)。

そこで、今回は、エイジングヘアを感じさせないくらい魅力的なアラフィフ女優さんの髪型や魅力を、勝手に分析していこうと思います。

すみれ
すみれ

わたし、ド素人ながらも、ヘアケア知識とスタイリングに関して実は結構くわしいほう。

なので、「このスタイルは、こうしたら近づけるんじゃないかな?」というヒントがあれば、そちらも書いていきますね。

 

\AGA専門医開発!多数の実績があり、安心して飲める育毛サプリはコチラ↓/

※こちらでは45歳~54歳の女優さんをアラフィフとしてピックアップしています。

エイジングヘアを感じさせない!この女優さんの髪型や雰囲気にどうすれば近付ける?

テレビ画面に映る女優さんの姿は、もちろん本人の素ではありません。

女優さんという職業だけに、一般人のわたしたちよりも美容に気を付けているはず。
それでも肌の衰えやエイジングヘア…という悩みはきっと同じように感じているはずです。

…にもかかわらず、わたしたちが普段目にする女優さんの髪型が、エイジングヘアを感じさせないほどパーフェクトなのは、超一流のヘアスタイリストさんの力による部分が大きいと思います。

でも、プロの技術にはかなわないとしても、ちょっとポイントを押さえれば、その女優さんの雰囲気を取り入れた髪型にすることはできそうな気がしませんか…?

ということで、さっそく、エイジングヘアを感じさせない、いつ見ても若々しくステキな女優さんの髪型を見ていきましょう。

石田ゆり子さん

石田ゆり子さんは、1969年10月3日生まれの51歳。

今や「奇跡のアラフィフ」として認知度の高い女優さんです♪

そんな石田さんの今の髪型は、肩につかない、顎よりちょっと下あたりのミディアムボブがベースになっている模様。

下の動画のほうで見ると、前髪からサイドの顔周りにかけてかなりレイヤーが入っているのがわかります。

(髪色、透明感がある自然なブラウン系でステキですよね。個人的に大好きな色味です^^)

レイヤ―が入っているので、軽く巻くだけで動きが出るし、フワっとした女性らしい雰囲気にも仕上がる。

顔周りだけ残してアップにすることもできるから、いろんなイメージを楽しめる髪型だなと思います。

昔の彼女はもう少し髪が長くて、「清楚そのもの」というイメージでしたが、今はいい意味で力が抜けていて自然体で生きてるんだな~というのが髪型にも表れている気がします♪

そして、この髪型って意外に輪郭や髪質を選ばなそうなのも魅力。

丸顔さん、面長さんどちらにも似合いそうだし、直毛の方はアイロンで巻くだけでわりと簡単にスタイリングできそうです。
(アイロンは32㎜くらいがおすすめ。クセがつきにくい方は、26㎜で細かく巻くのもいいかも)

▼わたしも持ってます!軽くて短時間でカールが付きやすく、耐久性バツグン(5年以上快適に使えてます) ▼

 

くせ毛の方の場合はあまりブローし過ぎずにほぐすくらいで、石田さんのようなナチュラルさが出るんじゃないかな。

若い頃より、歳を重ねてからのほうがずっと魅力的な女優さんの代表格、それがわたしの中での石田さんのイメージです♪

天海祐希さん

天海祐希さんは、1967年8月8日生まれの53歳。

宝塚の男役出身、身長も170㎝超えということもあって、マニッシュな雰囲気が魅力。

男性にも女性にも人気の高い女優さんですよね。

「千年の恋 ひかる源氏物語」では主人公・光源氏を演じられていましたが、とてもしっくりしていたことを思い出します。

「ハンサム・ウーマン」そんな言葉がまさにピッタリな女優さんです!

天海さんは、時期によってセミロングだったりロングだったりするのですが、どちらにしてもストレートのレイヤースタイルが定番になっている様子。

前髪を長めにしてサイドへ流し、毛先は内巻きにしてスタイリングしているように見えます。

毛質がサラサラとした直毛で、毛量もあまり多くはなさそうなので、全体はブローで仕上げ、毛先だけアイロンで巻いて仕上げている印象です。
(毛先にかけてレイヤーが細かく入っていれば、ブローだけで完成しそうな気もします)

直毛さんで、輪郭が卵型~面長の方に特に似合いそうな髪型です♪

▼まさに美人『BOSS』という感じの天海さん。カッコイイ!▼

鈴木京香さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

VANDA staff(@kyokasuzuki_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

VANDA staff(@kyokasuzuki_official)がシェアした投稿

鈴木京香さんは、1968年5月31生まれの52歳。

わたしの中で、「美人!」と言えばまず浮かぶ女優さんの一人が鈴木さん(笑)。

和の雰囲気と上品な色気がただよう、日本的な美人さんですよね。

そりゃ、9歳年下の長谷川博己さんもゾッコンになるはずですわ…(^_-)-☆

40歳以降の鈴木さんは、ショートボブが定着していますが、そのときによって、サイドにごくわずかにレイヤーが入っていたり、前下がりボブになっていたりと微調整している様子。

おでこをスッキリと出したストレートのショートボブって、カバーできるものが何もないだけに、正統派美人だからこそできる髪型とも言えそう…!

写真で見る限り、髪質は結構しっかりしていて毛量は多めで、若干クセがあるように見えます。

あまりアレンジされている姿は見ないけど、この髪型だとドレスにも着物にも合いそうですね♪

▼鈴木さんがCMに出てる大人気商品。やっぱり気になる…!▼

米倉涼子さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

米倉涼子(@ryoko_yonekura_0801)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

米倉涼子(@ryoko_yonekura_0801)がシェアした投稿

米倉涼子さんは1975年8月1日生まれの45歳。

アラフィフカテゴリーに入れていいものか迷ったのですが、一般的には、45歳からをアラフィフとする場合が多いので、こちらに書かせていただきました(笑)。

米倉さんと言えば、美人、スタイル抜群、サバサバしてる、豪快…そんなイメージがまず頭に浮かびます!

系統的に言えば天海さんと同じだけど、米倉さんの場合はもう少し女性らしい雰囲気。

「今風でカッコイイ」そんな言葉がピッタリな女優さんです。

弁護士、医者、国税局査察官といった男勝りのハードな役柄がものすごくしっくり来る女優さんである一方、「黒革の手帖」で演じたようなクラブのママ的な役割もよく似合う!
(というかハマリ役といえるかも…!?)

友達だったら楽しいだろうな、といつもテレビ画面越しに思ってます(笑)。

そんな米倉さんの髪形は、デビューから10年位前まではストレートロングだったものの、
ここ数年はショートボブ。

最近ではストレートにしていることはほとんどなく、ニュアンスたっぷりで動きのあるスタイリングが定番のようです。

もとの髪質が、まったくクセがないサラサラストレートだと思われるので、今はボディパーマをかけているのかもしれませんね。

おそらく前髪はかなり長めに厚く作り、サイドやバックとなじむようにしているんだと思います♪

バレエ出身者ならではの長く美しいデコルテが際立つ、米倉さんにピッタリの髪形です^^。

\AGA専門医開発!美髪育毛には体内環境を整えることも大切/


 ストレートロングも似合っていたけど、今のショートボブのほうが断然洗練された雰囲気でステキな米倉さんです♪

▼ヨーロッパの街並みにも、溶け込むように馴染む米倉さん▼

森高千里さん


森高千里さんは、1969年4月11日生まれの51歳。

俳優・江口洋介さんの奥様でもあります。
(このお二人の交際報道ってほとんど聞いたことがなかったから、結婚したと聞いたときはものすごくビックリしたのを覚えてます^^:)

お子さんが2人いらっしゃるようにはとても見えない森高さんは、若いころはストレートロング、今はミディアムショートのレイヤーボブが定番のよう。

前髪があり、サイドがアレンジしやすいスタイルに見えるので比較的、誰にでも取り入れやすい髪型だと思われます。

「私がオバさんになっても」という曲を歌っていた森高さんは、歳を重ねた今も、十分キュートで魅力的です!

▼アラフィフになってもミニが似合うのって、森高さんくらいしかいないと思う…!▼

若村麻由美さん


若村麻由美さんは、1967年1月3日生まれの53歳。

仲代達也さん主催の俳優養成所「無名塾」の塾生で、1987年の朝ドラ「はっさい先生」で主役デビューした演技派の女優さんです。

若村さんを見て思うのは、「50代の今とデビュー当時の姿に、ほとんど変化がない…!!」ということ。

親しみやすく、周囲を優しさで包み込むような、穏やかな美しさを持つ人だなぁ…というのが
わたしの若村さんに対するイメージです。

そして、デビュー当時より、むしろ今のほうがずっとキレイな気がするんですよね…。

なんというか、これだけ年齢による変化を感じさせない女優さんって、ほかにいないのではないのかと、個人的には思ってます!

今のショート~ミディアムボブスタイルも、とてもお似合い。

前髪を長めにとっているのか、ウェービーにも、耳かけスタイルにもできるようです♪

アラフィフの女優さんではあまり見かけない落ち着いたブラウン系の髪色も素敵ですね。

30年以上経っても姿形が変わらない、その秘訣は何なのか一度聞いてみたいです!

▼30歳ころの若村さん。今とほとんど変わらないお姿です▼

武田久美子さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

武田久美子(@kumikotakedaofficial)がシェアした投稿

武田久美子さんは、1968年8月12日生まれの52歳。

正統派タレントとしてデビューし、近藤真彦さんの相手役を演じた映画「ハイティーンブギ」
で一躍有名になりましたよね!

その後、グラビアクイーンとして長年にわたり君臨!

そんな武田さんはアメリカ人男性と結婚(今は離婚されています)されて、お嬢さんが一人いらっしゃいます。

現在は、生活の拠点となっている西海岸・サンディエゴからの生活を綴ったブログで、男性だけでなく女性からも高い人気を誇っています。

そんな武田さんの髪型は、かなり明るめにカラーリングしたレイヤーロング。

毛量が多めでしっかりした髪質のようで、年代的には難しくなりがちなロングヘアでも年齢をあまり感じさせないのがステキ^^

普段のスタイリングは元々のクセ毛を生かして、シャンプー後にドライヤードライし、髪をくるくるとねじってバンスクリップで留めておくだけだそう。

そのひと手間だけで、ダウンヘアにしたとき、ちょうどいいウェーブヘアに仕上がるそうですよ♪

▼着るだけで武田さんのようにスタイル抜群になれる!?▼

松雪泰子さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

松雪泰子(@yasukomatsuyuki_official)がシェアした投稿

松雪泰子さんは、1972年11月28日生まれの48歳。

アラフィフ世代の方にとっては、初代「白鳥麗子でございます」の主役としておなじみですよね!

ツンとした鼻筋と、色白ですっきりとした和風のお顔立ちがとても魅力的。

松雪さんと言えばストレートの黒髪ロングというイメージがありましたが、最近はミディアムボブ~セミロングの髪型を楽しまれている様子。

インスタで見る限り、松雪さんの髪はアラフィフとは思えないほどツヤツヤ!

毛量はどちらかというと多め・かためで、クセのないまっすぐな髪質に見えます。

ともすればさみしくなりがちなストレートヘアですが、松雪さんのように顔立ちがはっきりしている方なら、”凛”とした雰囲気に仕上がりそうです!

▼額がキレイな松雪さん。前髪があるスタイルだと、また雰囲気が変わりますね♪▼

木村多江さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

木村多江(@taekimura_official)がシェアした投稿

木村多江さんは、1971年3月16日生まれの49歳。

アラフィフ世代で「楚々とした和風美人」といえば、まず木村さんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

毎回主役級を演じる女優さんではないかもしれませんが、出演されているどのドラマでもしっかりとした存在感が感じられる…、それが木村さんの大きな魅力でもありますよね。

卵型~面長のすっきりとした輪郭に、切れ長の目元。
細く通った鼻筋と、いつもおだやかな笑みを浮かべているような優し気な口元など、日本美人の要素が完璧に揃った女優さんです。

そんな木村さんの今の髪型は、ミディアムのレイヤーボブ。
前髪はサイドパートで、額はスッキリと出したスタイルです。

地毛の色とほぼ変わらないような、ダークブラウンの髪色がとてもよくお似合いの木村さんです♪

▼モノトーンファッションがよくお似合いの木村さん♪▼

常盤貴子さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

常盤貴子(@takakotokiwa_official)がシェアした投稿

常盤貴子さんは1972年4月30日生まれの48歳。

1993年のドラマ「悪魔のKISS」で一躍その名が知られるようになった常盤さん。

その後1995年の「愛していると言ってくれ」、2000年の「ビューティフルライフ」など数多くのヒットドラマでヒロインを熱演!

キムタクやトヨエツとの恋物語に心をはずませていたアラフィフの方も、きっと多いのではないでしょうか^^

さて、そんな常盤さんの髪形は、デビュー当時からずっと黒髪ストレート。

その時期によって髪のレングスは変わりますが、基本はほとんど変わらないストレートスタイルです。(最近はブラウンよりにカラーリングされているのかな、という印象があります)

今の常盤さんは、ほんの少しだけレイヤーの入った肩レングスのストレート。

目鼻立ちがはっきりした常盤さんには、余計なスタイリングをせず、オデコをすっきりと出した今のスタイルがとてもお似合いですね!

毛量が多くしっかりとした髪質だからなのか、ひとつにまとめても決して地味にはならないのも常盤さんの髪形のポイントです。

常盤さんと同じような髪質、顔立ちの方は真似しやすい髪型とも言えそう!

▼常盤さんのエッセイ本。独自の視点で書かれてて面白かったです▼

【番外・海外セレブ女優編】ジェニファー・アニストン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jennifer Aniston(@jenniferaniston)がシェアした投稿

さて、今度はちょっと脱線して、アラフィフの海外セレブ女優といえば、まず名前が挙がる女優の一人、ジェニファー・アニストンを紹介。

ブラッドピットの元奥様(アンジーと結婚する前)としても有名なジェニファーは、1969年2月11日生まれの51歳。

アメリカの人気ドラマ「フレンズ」のレイチェル役でブレークした大人気女優さんです。

わたし、フレンズも、ジェニファー演じるレイチェルの役柄も大好きで、当時はよく海外ドラマについて書かれた雑誌をチェックしていました!

そこで、いつだったか目にしたのが、ジェニファーの「わたしの髪形が好きって言ってくれる女性ファンが多いんだけど、これって、スタイリストがサイドを切り過ぎて短くなっちゃって、偶然出来上がった髪型なのよ(笑)」というインタビュー記事。

「今を時めく大人気女優なのに親しみやすくて飾らない人柄なんだな」と思ったことを、よく覚えています。

たしかに、フレンズが大ヒットしていた頃、日本でもジェニファーの髪形によく似たウルフカットが流行っていましたもんね!

アメリカの流行が日本に来たのか、その逆なのかわからないけれど…、わたしも真似していたことを思い出します。

画像で見るジェニファーはダークブロンドだけど、地毛はブラウン~ライトブラウンだと言っていた気もしますが…、どちらにせよ、今も昔もツヤのあるキレイな髪色が魅力ですね。

ジェニファーのインスタに上がっている写真や動画には、今も変わらない彼女の魅力がもりだくさんですよ♪

▼ありがちなジェニーではなく、「ジェン(Jen)」という躍動感あふれるニックネームがピッタリのジェニファー▼

エイジングヘア対策には、体の内側からのケアも大切にしたい

アラフィフ世代になると、白髪が増えたり、髪のコシ・ハリがなくなる、といったエイジングヘアならではの悩みが増えてきますよね。

エイジングヘアの悩みは、誰にでも等しく訪れるもの。
そう頭ではわかっていても、やっぱり何とかしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

こちらでご紹介してきた女優さんたちを見ていると、外側だけであれば、プロの手を借りることによって、ある程度は若々しい印象に仕上げられることがわかります。

でも、それはおそらく、そのときだけのもの。

根本的なエイジングヘア対策には、やっぱり体の内側からのケアも大切だと思うのです。

わたしもエイジングヘアに悩む一人。

だからこそ、栄養バランスを考えた食事とサプリ(ヘアバースサプリメント)での体の内側からのケア、そして睡眠と適度な運動を心がけつつ、まずは現状キープを目指しています!

\AGA専門医開発!多数の実績があり、安心して飲めるサプリはコチラ↓/


タイトルとURLをコピーしました